「キムチのダイゴ」が近江滋賀のあかねの里からお届けします

第五営農近江あかねキムチのロゴ

焼肉をはじめ、和食やお酒にもぴったりな
コクと旨味が印象的なキムチです。

契約農家で大切に育てられた野菜を
独自の配合で作り上げた秘伝のヤンニョムでひとつ一つ丁寧に漬けた
コクと旨味が絶妙に響きあうキムチです。
滋賀・地元名産の近江牛をはじめ、牛肉や豚、鶏肉との相性も抜群、
ぜひご賞味ください。

News

2018/10/23~25 FABEX関西 2018に 出店

2018/10/6 ホームページをリニューアル

近江あかねキムチ商品画像

近江あかねキムチ

大根キムチ

近江あかねキムチ 白菜キムチ(姿)画像

近江あかねキムチ

白菜キムチ(姿)

きゅうりキムチ 皿盛

近江あかねキムチ

きゅうりキムチ

近江あかねキムチ 

白菜キムチ(刻み)

刻みすぐき 皿盛

刻みすぐき

千枚漬 皿盛写真

千枚漬

ご購入の場合は「お問い合わせ」「電話 (TEL:0748-22-6383)」にて対応しております。
漬物は保存食と思われていますが、漬物は生きています。やはり採れたてで新鮮な野菜の ほうが、おいしく漬けられるのです。契約農家を抱え、出来る限りフレッシュ野菜をすば やく加工することでおいしい漬物づくりに取り組んでいます。
キムチ白菜生産者写真
キムチ白菜畑写真
鈴鹿の山から脈々と清らかな水がびわ湖へ注ぐ滋賀。遠く万葉の昔、大海人皇子(天武天皇) と額田王の間に交わされた相聞歌「茜(あかね)さす紫野行き標野(しめの)行き野守(のもり) は見ずや君が袖ふる」の舞台として知られる近江蒲生野でその深き歴史と風土を育ててき た田園都市。この土地柄でしか栽培できない野菜、それがすぐき菜です。弊組の生産者が 丹精こめて作ったすぐき菜を使い乳酸発酵させて作り上げました。千枚漬は冬の代表的な お漬物。びわ湖畔の農家が育てた聖護院蕪と昆布を伝統で培われた技術で漬け込み上品な 味わいを引き出します。
第五営農組合工場からの風景写真
第五営農の工場写真
あかねの里写真
キムチはもともと韓国のものですが、この近江あかねの里で作られたキムチは創業以来培 われた浅漬けの技術を巧みに融合させ、試行錯誤を繰り返し日本人の味覚に合わせて甘味 と旨味・辛味をバランスよく作り上げました。 うまさの秘訣は数種類の厳選唐辛子やおろしにんにく、リンゴピューレ、魚醤、生姜、オ キアミなどを独自の配合で作り上げた秘伝のヤンニョム。又、甘味・旨味をかもし出す要 素はこだわりの工程にもあります。下漬・中漬・本漬と工程に段階をつけ、手作業でひと つ一つ丁寧に作り上げます。白菜キムチはそのままご飯と食べて頂くのもすごく美味しい ですが、弊組の白菜キムチはとても万能で、調理に用いる場合、その美味しさの真価を発 揮します。滋賀・地元名産の近江牛をはじめ、牛肉や豚、鶏肉との相性も抜群。又、和食 料理やお酒のあての一品にも本領を発揮します。
野菜たちをそれぞれの持ち味を生かして、安心して召し上がっていただくために、国内産 野菜や温度管理にもこだわり続けます。
キムチ作業中写真
キムチ漬け込み写真
キムチ品質管理写真
加工工程をしっかりとマニュアル化して、つねにベストの方法で、つねにベストの味をつ くりだすのも私たちの大きなこだわりです。滋賀県の食品高度衛生管理認証制度〔通称: S-HACCP〕の認証を受けています。重要管理項目を定め、それにのっとった手順で丁寧に 作られ、厳密にチェックされ、正しく管理されて、みなさまのもとによりよい漬物をお届 けいたします。

キムチレシピ
※写真をクリックすると、作り方がわかります。

キムチのだし茶漬け画像
牛肉とキムチのライスペーパー包み

会社概要

代表者中井 宗昭
設 立昭和 47 年 5 月
所在地〒527-0074
滋賀県東近江市市辺町2340
TEL0748-22-6383
FAX0748-22-6395
資本金1,000万
取引銀行

滋賀銀行 八日市支店

関西アーバン銀行八日市支店

従業員数25名